Luckbag Group[ラックバッグ グループ] 非日常を日常に変えるレストラン。 Luckbag Group[ラックバッグ グループ] 私達が求める理想のレストランとは店内、料理、サービス、価格の全てにおいて、お客様に満足と驚きを提供できるレストランです。 Luckbag Group[ラックバッグ グループ] 人は必ず一日三度食事をします。その大切な時間を記憶に残るひと時に変えることが私達の使命であると信じております。

企業コンセプト ”非日常を日常に変えるレストラン”

はじめてスーツを着た日・・・皆さんは覚えていますか?
体が適度に締め付けられて、背筋がピッとし、なんだか「大人になったなぁ」と素直に思った。
普段は着ない洋服を着るだけで、いつもと景色が違って見えた。
それから時は経ち、今では頻繁にスーツを着ている。
やはりスーツを着ると、今でも背筋が自然と伸びる。
ただ、あの時のような心地良い違和感は無くなった。
私の中であの日をきっかけにスーツというものを知り、今ではそれが”日常”に変わった。
飲食店の中で、私達は普段使いしずらいと思われがちなデザイン性やコンセプト、
エンターテインメント性が強い店舗を展開しています。
その中で「価格は平均お客様単価4,000円、接客はあくまでも「気さくにさりげなく」と、
日常的にご来店いただける設定にしています。
「ラックバッググループの店舗をきっかけに非日常的な料理や、雰囲気に触れていただきたい。」
そう、はじめてスーツに袖を通したときのように。
そしていつの日か、私達の店舗を‘日常’と思って頂きたい。
一人でも多くの方にこの思いを伝える私達の旅は、まだ始まったばかりです。

ラックバッググループ 代表取締役 Kenji Kawamoto[河本賢二]

Copyright © Luckbag Group All rights reserved.