NEWS

ハワイアンリゾートレストラン
「GINGER'S BEACH SUNSHINE(ジンジャーズビーチ サンシャイン)」
2016年6月6日 池袋サンシャイン60 59階にグランドオープン!

詳細を見る

RESORT RESTAURANTS

風の音、匂い、水の音、日差し、樹々のざわめき。
素材とスパイス、そしておもてなしのサービス。
そこはリゾートの風の匂いを感じられる場所。
忙しい日常からエスケープできる場所。

オーセンティックなリゾートスタイル。
現地で製作した家具や調度品、素材から海外のリゾートの空気を感じていただけます。
その場にいるだけで忙しい日常からエスケープでき、リゾートを五感で感じられる海外リゾートホテルにいるかのような「おもてなし」。
リゾートを感じられるスパイスと素材を使ったキュイジーヌ。
そこは大切な人との時を過ごすためのレストラン。

CASUAL RESTAURANTS

ワンランク上の日常、良質なものを普段使いできる贅沢

様々なコンセプトを持ち様々なスタイルに挑戦しております。
カジュアルだからといって妥協しない「たたずまい」「料理」「サービス」。
良質なもの、美味しいものを普段使いで楽しめるレストラン。

PRODUCE

「私たちがお手伝いできること」も、私たちの喜び。

当社では様々な形で飲食店のプロデュースをしております。
広告のお手伝いや効果的な販促、飲食店に特化したホームページの作成、
業態変更のお手伝いなど、あらゆるニーズにお答えいたします。

RECRUIT

社員紹介

荻野准一

レストラン事業部
部長 2007年入社


ラックバッググループに入ったきっかけは?

会社の創業とほぼ同時に声をかけていただき、ラックバッグ第1号店のマネージャーとして入社したのがきっかけです。

自店はどんなお店ですか?

スタッフ全員、モチベーションが高いと思います。魅力的なお店であるからこそだと思ってます。

ラックバッググループの好きなところは?

社員全員が一丸となって上を目指しているところ。世間に胸を張れる飲食店を目指そうとしているところ。

こんな人と一緒に働きたい!と思う人はどんな人?

明るく向上心があり、内に秘めたパワーを持っている人。仕事が楽しくて仕方がない!と思っている人、思わせてくれる人。

仕事をしていて大変なことはなんですか?

お客様との間に起きたトラブルの対処は大変ですが、どんな逆境も最終的には自分の糧となるので、なんでも前向きに取り組みたいと思っています。

働いていてよかったと感じるのはどんな時?

お客様の笑顔を見れたとき!

山縣大吾

Bushwick Bakery & Grill
マネージャー 2008年入社


ラックバッググループに入ったきっかけは?

ウェディングプランナーになりたくて就職活動をしていたのですが、なかなかうまくいきませんでした。 将来はペンションを持ちたいという夢があるので、ウェディングと飲食の両方できるレストランウェディングを行っている所を探し、今の会社に出会いました。

自店はどんなお店ですか?

ランチはお子様にも食べやすいパンが食べ放題ということもあり、毎日お子様連れのお客様で賑わっています。スタッフも子供がいる人や、子供が好きな人も多いので、温かい柔らかい雰囲気があるお店だと思います。
夜は雰囲気が一変し、グリル料理がよく似合うニューヨークのおしゃれなにダイナーに変身します。このギャップもたまりませんね。もちろん夜もお子様連れ大歓迎です!

ラックバッググループの好きなところは?

会社が社員のことを心から大切に思ってくれているところ。これができている会社って本当にすごいと思います。

こんな人と一緒に働きたい!と思う人はどんな人?

僕は第一印象で判断するところが大きいのですが、笑顔が素敵な人と一緒に働きたいです。

仕事をしていて大変なことはなんですか?

大変と思う時はないです。ただ、すべてのお客様に100%満足して帰っていただく難しさというのは常日頃感じます。

働いていてよかったと感じるのはどんな時?

お客様が笑顔で帰って行かれる時です。

COMPANY

会社概要

会社名
株式会社ラックバッググループ
本社所在地
〒106-0045
東京都港区麻布十番2丁目10-3 マイスクエアビル 5F
設立
2007年3月
従業員数
社員 46名 / 契約社員 12名 / アルバイト 148名
※2016年7月現在
資本金
1,000万円
事業内容
レストラン経営・店舗プロデュース・飲食店舗デザイン設計・飲食店舗オペレーションプロデュース
店舗数
直営店 9店舗
プロデュース店 1店舗

代表メッセージ

私たちの一番の商品は‘時間’だと信じています。

鳥が空を飛ぶように
魚が海を泳ぐように
私たちは都市に生きる
Resort = Reset

都市に生きる中で、常にストレスが付きまとう時代に息抜きをする時間や、
自分が自分に戻れる時間が必要です。
当店のレストランは‘お客様滞在時間5時間’を目標に、長く滞在していただけるためのサービス・料理・空間・演出など日々模索しております。
そしていつの日か当レストランで過ごす時間がお客様にとって、そんな時間を感じられまた必要な時間と思っていただけるためにスタッフ一同日々努めてまいります。

代表取締役社長
河本賢二